ルカの福音書 19

1 彼はエリコに入り,そこを通り過ぎていた。 2 ザアカイオスという名の人がいた。徴税人の長で,富んでいた。 3 イエスがどんな人か見ようとしたが,群衆のためにできなかった。背が低かったからである。 4 前方に走って行き,イチジクグワの木に登って,彼を見ようとした。彼がその道を通っていたからである。 5 イエスはその場所に来ると,彼を見上げて,彼に言った,「ザアカイオス,急いで降りて来なさい。わたしは今日,必ずあなたの家に泊まるからだ」 。 6 彼は急いで降りて来て,喜んでイエスを迎えた。 7 それを見ると,みんなはつぶやいて言った,「彼は罪人であるこの男のところに行って宿を取った」。 8 ザアカイオスは立ち上がって主に言った,「ご覧ください,主よ,わたしは自分の財産の半分を貧しい人たちに与えます。だれかのものを不正に取り立てていたなら,四倍にして返します」。 9 イエスは彼に言った,「今日,救いがこの家に来た。彼もまたアブラハムの子だからだ。 10 人の子は,失われたものを探し出し,それを救うために来たのだ」 。 11 彼らがこれらのことを聞いていると,彼は続けて一つのたとえを話した。彼がエルサレムに近づいており,彼らは神の王国がすぐに現われるものと思っていたからである。 12 それで彼は言った,「ある貴族が,王国を受けて戻るために,遠い国に出かけた。 13 彼は自分の十人の召使いたちを呼び,彼らに十枚のミナ硬貨を渡して,彼らに言った,『わたしが帰って来るまで商売をしなさい』。 14 しかし彼の市民たちは彼を憎んでいたので,彼の後から使者を遣わして,こう言った,『わたしたちはこの男が自分たちを支配することを望みません』。 15 「彼は王国を受けて帰って来ると,お金を渡しておいたそれらの召使いたちを呼び寄せるよう命じた。彼らが商売をして何をもうけたかを知るためだった。 16 最初の者が彼の前に来て言った,『主よ,あなたの一ミナはさらに十ミナを作り出しました』。 17 「主人は彼に言った,『よくやった,善い召使いよ。あなたはごく小さなことに忠実だと分かったから,十の都市に対する権威を持ちなさい』。 18 「二番目の者が来て言った,『主よ,あなたの一ミナは五ミナを作り出しました』。 19 「そこで主人は彼に言った,『あなたも五つの都市を治めなさい』。 20 別の者が来て言った,『主よ,ご覧ください,あなたの一ミナです。手ぬぐいに包んで,しまっておきました。 21 わたしはあなたが恐かったのです。あなたは厳格な方ですから。預けなかったところで取り立て,種をまかなかった所で刈り取られるのです』。 22 「主人は彼に言った,『あなた自身の口からあなたを裁こう,悪い召使いよ! あなたはわたしが厳しい者で,預けなかったところで取り立て,種をまかなかった所で刈り取ることを知っていたのか。 23 それなら,どうしてわたしのお金を銀行に預けなかったのか。そうすれば,帰って来た時,それに加えて利息を得られただろうに』。 24 そばに立っている者たちに言った,『その一ミナを彼から取り上げて,十ミナ持っている者に与えなさい』。 25 「彼らは彼に言った,『主よ,彼はすでに十ミナを持っています!』 26 『あなた方に告げるが,だれでも持っている者にはさらに与えられるが,持っていない者からはその持っているものまでも取り去られることになるのだ。 27 だが,わたしがその上で支配することを望まなかった,あのわたしの敵たちをここに連れ出して,わたしの前で殺してしまえ』」 。 28 これらのことを言ってから,彼は先に立って進み,エルサレムに上って行った。 29 オリブトと呼ばれる山のふもとの,ベツファゲとベタニアに近づいた時,彼は弟子たちのうちの二人を遣わして, 30 こう言った,「向こう側の村に行きなさい。そこに入ると,だれも乗ったことのない子ロバがつないであるのが見つかるだろう。それを解いて,連れて来なさい。 31 もしだれかが,『なぜそれを解いているのか』と尋ねるなら,その者に,『主がこれを必要としているのです』と言いなさい」 。 32 遣わされた者たちは出て行き,彼が自分たちに告げたとおりのことを見いだした。 33 彼は子ロバを解いていると,その持ち主たちが彼らに言った,「なぜ子ロバを解いているのか」。 34 彼らは言った,「主がこれを必要とされているのです」。 35 彼らはそれをイエスのもとに連れて来た。子ロバの上に自分たちの外衣を投げかけると,イエスはそれらに乗った。 36 彼が進んで行くと,人々は自分たちの外衣を道に敷いた。 37 彼が今やオリーブ山の下り坂に近づくと,弟子たちから成る群衆はみな,自分たちが見たすべての強力な業のことで喜び,大声で神を賛美し始めて 38 言った,「主の名において来る王は幸いだ! 平和が天に,栄光がいと高き所に!」 39 数人のファリサイ人たちが,群衆の中から彼に言った,「先生,あなたの弟子たちをしかってください!」 40 彼は彼らに答えた,「あなた方に告げるが,これらの者が黙っているなら,石が叫ぶだろう」 。 41 彼は都に近づくと,都を見てそのために涙を流し, 42 こう言った,「もしあなたが,まさにあなたが,この日に,自分の平和にかかわる事柄を知っていたなら! だが,それらは今あなた方の目から隠されている。 43 あなたには次のような日々が来るからだ。すなわち,あなたの敵たちはあなたに対してバリケードを築き,あなたを包囲して四方から取り巻き, 44 あなたとあなたの中にいるあなたの子らを地面に打ち倒すだろう。彼らはあなたの中で,石をほかの石の上に残しておくことはないだろう。あなたが自分の訪れの時を知らなかったからだ」 。 45 彼は神殿に入り,そこで買ったり売ったりしていた者たちを追い出し始め, 46 彼らに言った,「『わたしの家は祈りの家だ』と書かれているのに,あなた方はそれを『強盗の巣』にしてしまった!」 47 彼は神殿で毎日教えていたが,祭司長たちと律法学者たち,および民の指導者たちは,彼を滅ぼそうとした。 48 しかし,どうすればよいか分からなかった。民はみな,彼の語るすべての言葉に聞き入っていたからである。